<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日のお昼は | main | プジョー407の燃費(その8っぽい) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


スポンサードリンク * - * - * - * pookmark * プジョー

もちろん、うちも曇ります

Peugeot,プジョー,407 ぷじょり〜ぬ : 昨日、関東では気温も湿度も高いという、不快指数爆発のような状況になったけど、こんな日にエアコンを思いっきり効かせると…
attached.jpg
Peugeot,プジョー,407 ニャンギャラス : 曇りましたニャ!!

Peugeot,プジョー,407 ぷじょり〜ぬ : このところ、みなさん、この現象を報告されてたけど、当然うちの407もお仲間なりよ。

Peugeot,プジョー,407 Peugeot 407 : なんか文句ある?

Peugeot,プジョー,407 ぷじょり〜ぬ : いつもはもう少し下側に少し曇りが出る程度だけど、今回は撮影用にわざとエアコンを強くして、曇る範囲を大きくして見たなり。
曇ること自体問題だけど、曇る範囲も微妙に異なってるなんて、どういうことなりか?

現象としては、冷たいエアコンの風が直接当たってガラスが必要以上に冷やされ、外気の湿度が高いとガラスの外側が曇ってしまうってことなり。
ということは、風がガラスに当たる角度に個体差があって、曇らない個体があったり、うちの407のように曇っても普通は下の方に少しだけだったり?
個体差って、つまり、エアコン吹き出し口の工作精度ってことなりか?

Peugeot,プジョー,407 Peugeot 407 : だいたい、お仏蘭西生まれの私を、気温30度湿度90%で走らせようって方が間違ってるのよ

Peugeot,プジョー,407 ぷじょり〜ぬ : 逆ギレなりか?
ちなみに究極の対処法はエアコンの温度を上げることなり。
写真でも運転席側だけ曇ってて、助手席側が曇ってないのは、温度設定(快適度設定?)が異なってるからなり。

JUGEMテーマ:Peugeot  日本ブログ村 車ブログ プジョーへ,Peugeot,プジョー

ぷじょり〜ぬ * Peugeot 407 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark * プジョー

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * - * - * pookmark * プジョー

コメント

そうそうこんな位置だわ〜。うちの。

でもって、もうちょっと範囲が横に広い・・・

背の低い私にはめっきり視界が遮られる超危険現象なんよ〜><
梅雨時期は大嫌い〜。
Comment by zuzuko @ 2009/08/04 10:56
温度を上げ過ぎると、デ●が乗った時特有の車内が曇りまんねん。【爆】

嘘です。

ウチのは温度上げても曇りまんねん。

現状では、やっぱり塞ぐのが一番!の対処法です。(−−)
Comment by よっちゃん @ 2009/08/04 11:23
zuzukoさん こんにちは

この写真を撮るために、少し寒いのを辛抱しました(^_^)
うちのはこれがMAXです。これ以上は広がりませんが、さすがにここまでいくと危険ですね。
Comment by ぷじょり〜ぬ @ 2009/08/04 13:05
よっちゃんさん こんにちは

いえ、ですから、曇らないところまで温度を上げるんですよ。写真では分かりづらいですが、外気24度に対して、運転席21、助手席23.5にしています。

理想を言えば外気と同じ温度。そしたら絶対に曇りません。でも、エアコンの意味がないorz

ふさぐしかないですよね、本当は(^_^;)
Comment by ぷじょり〜ぬ @ 2009/08/04 13:11
こんにちは、C4も同じPSA&発売時期だけあってまったく同じ曇り方をしますよん。207, 307も曇るようですね。

雨が降っていないのにワイパーを時々動かすか、デフォッガーをこまめに作動させるかしないと、視界が遮られて危ないです。

これって、吹き出し角度の設計ミスですよね。。。
Comment by しとろん @ 2009/08/05 15:38
しとろんさん こんばんは

C4もですか。さすがはおフランスorz

フロントガラスが大きく傾いているせいで、吹き出し口とガラスとが異常に近いですからね。
いくらフランス人にとっては想定外の高温多湿とはいえ…
Comment by ぷじょり〜ぬ @ 2009/08/05 19:40
ぷじょり〜ぬにお言葉を授ける(コメント)









トラックバック

このページの先頭へ